日本語 English
沿




 霊長類医科学研究センターは、カニクイザルの繁殖から研究開発に至るまで終始一貫して行える我が国唯一の施設である。当センターは、1978年に国立予防衛生研究所(現:国立感染症研究所)の筑波支所として発足し、弱毒生ワクチンの国家検定および感染症研究用のカニクイザルの繁殖・維持・供給等が主業務であった。2005年に大阪府に本部のある独立行政法人医薬基盤研究所、さらに2015年に国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所に移管された。
 当センターは、医薬基盤・健康・栄養研究所にて行われる主要6業務の一つである「難病・疾患資源研究」部門を担当する。カニクイザルを用いた厚生労働行政上重要な創薬や治療に関わる研究開発を推進するとともにカニクイザル研究資源の新規開発、管理および供給を行う。新薬や医療技術などの効果や毒性を評価し、さらに治験段階を迎えるには当センターで維持管理されている高品質なカニクイザルが無くてはならない。また霊長類共同利用施設は、外部研究者や民間企業との共同研究に対応したものであり、多様な医科学・感染症研究が行われている。