日本語 English






資源開発研究室
下澤グループ
下澤律浩:しもざわ のぶひろ >> 
グループリーダー〔下澤律浩〕経歴
1996年(平成8年)3月 東京農業大学大学院農学研究科博士前期課程修了
1996年(平成8年)4月 財団法人実験動物中央研究所 研究員
2003年(平成15年)4月 国立感染症研究所・筑波医学実験用霊長類センター 研究員
2003年(平成15年)8月 博士(実験動物学)取得
2005年(平成17年)4月 現職
研究活動の概要

 実験動物であるマウスの体細胞クローン作出に関する検討の中で、繊維芽細胞、ES細胞から作出された体細胞クローンマウスは様々な異常を呈することを明らかにした。特に、同じ細胞から作製された複数の異常を呈した雌雄の体細胞クローンの交配によって得られた仔には異常が伝達しないことを示した。このことは、体細胞クローンの異常とは、遺伝子の変異では無く、遺伝子発現の異常に起因していることを明らかにしたものである。

 現在、人と同じ霊長類であるサル類の発生工学およびES細胞に関する研究を行っている。サル類の発生工学においてはヒトや他の実験動物に比べ大きく遅れているため、カニクイザルの生殖生理を始め、未受精卵採取法、顕微授精法などをアフリカミドリザルとともに検討を行っている。このようなサル類における発生工学の基盤的研究を進め、個体作出を目的とした補助技術だけでなく、効率的な遺伝子操作あるいは体細胞クローンザル作出方法の確立を目指す。ES細胞においては、その未分化性の維持が重要であるという観点からその品質の維持および評価などについての検討を行っている。また、医学研究に欠かすことができない資源であるカニクイザルの細胞保存から個体までの開発および整備を行っている。

 サル類の発生工学・繁殖やサルES細胞などに関する研究を行うことで、サル類はヒトと同じ霊長類であるという観点から、ここで得られる様々な知見は、マウス以上に医学分野(例えば、不妊治療や再生医療など)に対する貢献は高い。
論文紹介
2005
  • Ogonuki N , Inoue K, Miki H, Okada H, Takeiri S, Shimozawa N, Nagashima H, Sankai T, Ogura A
    Differential development of rabbit embryos following microinsemination with sperm and spermatids
    Mol. Reprod. Dev. 2005; 72: 411-417
2003
  • Shimozawa N, Tajima S, Azuma N, Hioki K, Kono T, Ito M.
    Histological study of the hypertrophic placentas and open eyelids observed in cloned fetuses.
    J Reprod Dev, 49, 221-226, 2003.
  • Ogawa H, Ono Y, Shimozawa N, Sotomaru Y, Katsuzawa Y, Hiura H, Ito M, Kono T.
    Disruption of imprinting in cloned mouse fetuses from embryonic stem cells.
    Reproduction, 126, 549-557, 2003.
  • Suemizu H, Aiba K, Yoshikawa T, Sharov AA, Shimozawa N, Tamaoki N, Ko MS.
    Expression profiling of placentomegaly associated with nuclear transplantation of mouse ES cells.
    Dev Biol, 253, 36-53, 2003.
  • Yamauchi T, Kamon J, Waki H, Imai Y, Shimozawa N, Hioki K, 他18名.
    Globular adiponectin protected ob/ob mice from diabetes and ApoE-deficient mice from atherosclerosis.
    J Biol Chem, 278, 2461-2468, 2003
2002
  • Shimozawa N, Ono Y, Kimoto S, Hioki K, Araki Y, Shinkai Y, Kono T, Ito M.
    Abnormalities in cloned mice are not transmitted to the progeny.
    genesis, 34, 203-207, 2002.
  • Goto K, Muguruma K, Kuramochi T, Shimozawa N, Hioki K, Itoh T, Ebukuro M.
    Effects of cryopreservation of mouse embryos and in vitro fertilization on genotypic frequencies in colonies.
    Mol Reprod Dev, 62, 307-311, 2002.
  • Shimozawa N, Ono Y, Muguruma K, Hioki K, Araki Y, Shinkai Y, Kono T, Ito M.
    An alternative technique for the production of gene-targeted mice by nuclear transfer.
    Exp Anim, 51, 375-381, 2002.
  • Suemizu H, Muguruma K, Maruyama C, Tomisawa M, Kimura M, Hioki K, Shimozawa N, Ohnishi Y, Tamaoki N, Nomura T.
    Transgene stability and features of rasH2 mice as an animal model for short-term carcinogenicity testing.
    Mol Carcin, 34, 1-9, 2002.
  • 下澤律浩、小野由紀子、河野友宏.
    クローンマウスの異常は子孫に伝達しない.
    蛋白質核酸酵素, 47, 1810-1815, 2002.
2001
  • Ono Y, Shimozawa N, Kimoto K, Ito M, Shinkai Y, Kono T.
    Production of cloned mice from embryonic stem cells arrested at metaphase.
    Reproduction, 122, 731-736, 2001.
  • Ono Y, Shimozawa N, Ito M, Kono T.
    Cloned mice from fetal fibroblast cells arrested at metaphase by a serial nuclear transfer.
    Biol Reprod, 64, 44-50, 2001.
1998
  • Aono F, Kono, T, Shimozawa N, Ogihara I, Sekizawa F, Saitoh M, Nakahara T.
    Effect of repetitive electrical stimuli on development of nuclear transferred bovine embryos.
    J Mamm Ova Res, 15, 153-156, 1998.
1995
  • 下澤律浩、河野友宏、小野寺政一、青野文仁、平井八十一、中原達夫.
    培養ウシ卵管上皮細胞における中間径フィラメントの発現と胚発生支持能.
    J Mamm Ova Res, 12, 131-137, 1995.